「窓フォト」、年内にリリースできるかな?

開発情報

現在、着々と開発を進めている、画面キャプチャソフト「窓フォト」。
このソフトの特徴は、キャプチャする範囲を視覚的に決めてからキャプチャできるというところです。まぁ詳細は後日報告しますが、使いやすいのは確かです。

で、結構前から開発しているので、皆様はさぞかし開発が進んでいるだろうと思っていらっしゃると思いますが、さっきまで
「マウスカーソルの同時キャプチャ」で数週間つまずいていました・・・、が、ようやく解決しました・・・。

なんでも、標準ではマウスカーソルのキャプチャはできないようで、キャプチャした画像に、マウスカーソルをあとから合成するというやり方じゃないとできないんですよ。
つまり、カーソルの座標やらを別途取得して、キャプチャした画像に当てはめるわけです。
もうこれが、なかなかできなくてですね、いったんあきらめかけたんですよね。

最初、カーソルを表示させるというところまで行ったのはいいんですが、位置が全然ずれてるんですよね。この状態でずっとつまってて、さっき嫌々確認したら、カーソル座標取得がスクリーン座標になっていたわけです。
「窓フォト」は、くりぬいたウィンドウでキャプチャする範囲を指定するわけですから、本当は、ウィンドウ内の座標になっていなければいけなかったのです。

まぁということで、何はともあれ、あとはアクティブウィンドウに自動的に位置とサイズを合わせる機能、修飾機能などを盛り込めば完成ですが、これがまた大変そう・・・。
Google様に頼るしかないですね・・・。コピペプログラマですので・・・。

あと、最後に重大発表があります。
いままで、「窓フォト」はシェアウェアとして公開するとしていましたが、類似のシェアウェアがすでにあることが発覚したので、その類似のシェアウェアの機能を盛り込みつつ、フリーソフトとして公開します!


関連記事