開発情報

まさかの出来事が起きました。
8月9日に公開した「右下キープアウト」が、本日9月30日、窓の杜の「今日のお気に入り」で紹介されたのです!

Windows 7で不本意な“デスクトップの表示”を抑止「右下キープアウト」

このソフトは、「Windows 7 の右下の『デスクトップ表示』領域へのマウスカーソルの侵入を防止する」というものなのですが、その右下は、右クリックすると無効化できるので、このソフトは役に立たないと想っていました。
ところが、本日、その役立たずと思われていたソフトが窓の杜で紹介され、さらに便利な使い方まで提案していただいたのです!
どんな使い方かは、窓の杜の記事を読んでいただければわかると思いますが、いやはや、よく考えついたものだと思います・・・。

ということで、このソフトも本格的に改良等を積み重ねたいと思いますので、よろしくおねがいします!!

旧お知らせのサルベージ

※この記事は、「旧お知らせのサルベージ」カテゴリに属している記事です。かなり昔に別媒体で掲載していた記事を記録としてここに残しているだけですので、内容が今のワンタッチソフトの趣旨と違っていたり、リンクが切れていたりする場合があります。

情報公開日時:2010/9/30
情報更新日時:–
情報管理番号:72


平素はワンタッチソフトをご利用いただきありがとうございます。
ワンタッチソフトが8月9日にリリースしたソフトウェア「右下キープアウト」が、9月30日付けの窓の杜の「今日のお気に入り」にて紹介されましたので、お知らせいたします。
本ソフトウェアは、Windows 7 の右下の「デスクトップの表示」領域へのマウスカーソルの侵入を防止するもので、8月9日にリリースいたしました。

窓の杜のご担当者の方には、この場を借りてお礼申し上げます。

⇒右下キープアウトの紹介ページ(当サイト内)
⇒窓の杜での紹介記事

各種レポート

ワンタッチソフトが実験した結果、2010年9月25日時点での最新版の「ウイルスバスター2011」において、Windowsのある部分の設定を変えると、ウイルスバスター2011の設定がおかしくなることを発見しました。
幸い、見かけ上おかしくなるだけで、ウイルス検知の無効化等は見られませんでしたが、外部からウイルスバスター関連の設定がいじれると言うことは間違いないようなので、これを応用すれば、ウイルスバスター自体を簡単に無効化できるという可能性があります。あくまで「可能性」です。

ただ、現在ウイルスバスターをご利用の方は、さほど心配する必要はないと思います。
今回設定の改変に成功したのは、あくまで一部かつ見かけ上であり、本質的な動作には影響がないと考えられるからです。

↓メイン画面の表示がおかしくなったところ(下の「ウイルスバスター無効化」というソフトは、自作のもの)

↓全部チェックが入っていたのに、改変後は全部はずれている

↓本来の正常なメイン画面

開発情報

本日24日、「マウスコンプレックス」の新バージョン ver 1.1.1 をリリースしました。
まぁ大きな変更はないのですが、地味に使いやすくなっているのではないかと思います。

変更点をおおざっぱに挙げると以下の通りです。
・新しい設定項目を追加
・クリップボード履歴を改良
・アラーム時に、「○秒後に表示を消す/薄くする」を作動させないようにした

まず、「新しい設定項目」についてですが、これは、マウスコンプレックスのタスクトレイアイコンをダブルクリックしたときに、「設定画面」を開くのか、「クリップボード履歴」を開くのかを選択できるようにしたと言うことです。
クリップボード履歴の使用頻度も非常に高いようですので、この機能は便利なのではないかと思います。

2つめの「クリップボード履歴の改良」は、クリップボード履歴画面に新たに右クリックメニューを新設したり、クリップボード履歴画面のListViewで、項目が一行丸ごと選択されるようにしたりしたほか、項目ダブルクリック時の挙動も、以前の「ビューアの表示」から「コピー」に変更しました。

ということで、地味に使いやすくなった「マウスコンプレックス」をぜひご利用ください。
https://www.otsoftware.net/products/mousecomplex.html

旧お知らせのサルベージ

※この記事は、「旧お知らせのサルベージ」カテゴリに属している記事です。かなり昔に別媒体で掲載していた記事を記録としてここに残しているだけですので、内容が今のワンタッチソフトの趣旨と違っていたり、リンクが切れていたりする場合があります。

情報公開日時:2010/9/24
情報更新日時:–
情報管理番号:71


平素はワンタッチソフトをご利用いただきありがとうございます。
ワンタッチソフトは24日、「マウスコンプレックス」のバージョン 1.1.1 をリリースいたしましたのでお知らせいたします。

●変更点
・マウスコンプレックスのタスクトレイアイコンをダブルクリックしたときの動作を設定できるようにしました。
・アラーム時に、「○秒後に表示を薄くする/消す」を作動させないようにしました。
・クリップボード履歴の一部改善をおこないました。

変更点は以上の通りです。
なお、マウスコンプレックスの詳細情報については以下のページをご覧ください。
⇒マウスコンプレックスの詳細情報

開発情報

9月24日に、「マウスコンプレックス」の新バージョン Ver 1.1.1 をリリースします。
このバージョンでは、新たに、マウスコンプレックスのタスクトレイアイコンをダブルクリックしたときに、「設定画面」を開くか、「クリップボード履歴」を開くかを設定できるようにしたり、アラームが鳴っているときは、○秒後に表示を薄くする/消すを作動させないようにしたりしたほか、クリップボード履歴の改善、一部インターフェースの見直しなどをおこなっています。

ますます使いやすくなったマウスコンプレックスに、どうぞご期待ください。

各種レポート

現在、Kaspersky Internet Security 2011 (以下、カスペルスキー2011)の体験版がダウンロードできるので、それを仮想環境に導入してみました。今回はそのレポートを書きたいと思います。
(本記事では、画像が多めになっていますのでご注意ください。)

各種レポート

8月31日に、ウイルスバスターの最新版となる「ウイルスバスター2011 クラウド」がリリースされました。
しかし、ちまたでは評判があまりよろしくありません。そこで、今回、仮想環境を構築してそこにインストールしてみました。そのレポートを書きたいと思います。

旧お知らせのサルベージ

※この記事は、「旧お知らせのサルベージ」カテゴリに属している記事です。かなり昔に別媒体で掲載していた記事を記録としてここに残しているだけですので、内容が今のワンタッチソフトの趣旨と違っていたり、リンクが切れていたりする場合があります。

情報公開日時:2010/9/7
情報更新日時:–
情報管理番号:70


平素はワンタッチソフトをご利用いただきありがとうございます。
ワンタッチソフトは、ソフトウェアにおけるサポートをより一層充実させるため、および初心者の方に的確なサポートができるようするために、リモートサポートプログラムを開発いたしました。
これは、ワンタッチソフトサポート専用に独自に開発したプログラムで、現在、これが正常に動作することを確認するためのベータテストにご協力いただける方を募集しています。
詳しくは以下をご覧ください。

■ソフトウェアの仕様
サポートを受けるユーザー様の画面をワンタッチソフトサポート担当者が確認し、的確な操作をアドバイスするものです。
ユーザー様のコンピューターの制御権への配慮と、プライバシーの配慮のため、こちらから操作をするという仕様にはなっておらず、「ここをクリックしてください。」などのアドバイスが画面上に表示されるような仕様になっております。
サポートを受ける側のユーザーの画面画像は、数十秒ごとにワンタッチソフトのサーバーに送信されます。

■ベータテストについて
ベータテストでは、テスト希望者のサポートの必要性有無にかかわらず、数分間の操作テストをおこないます。
希望者の方は、以下の連絡先にご連絡ください。
また、今回のテストは、ワンタッチソフト側と協力者側の時間的都合が大きく関係します。ワンタッチソフトでは、土日の午前11時~午後5時までの間で、希望する時間に実施したいと思っております。
ご連絡の際は、希望日(土日)と希望時間、画面解像度、OSを明記ください。
リモートサポートのクライアントプログラムは、ご連絡後にダウンロード先をご連絡いたします。
連絡先:⇒こちらから連絡してください

■テスト順序と主な内容
テストは約10分程度で終了します。希望者は、テスト実施時間になりましたら、コンピューターの電源をオンにし、サポートクライアントソフトを立ち上げてください。
こちらとの接続が成功すると、操作テストを開始します。

雑記

さんざん既出ですが、あまりにも面白かったので・・・。

もう本当に作って売っちゃえばいいのにね・・・。