各種レポート

最近、ソフトニック問題についても忘れ去られつつありますが、先日のメール調査において、ある有名なソフトウェア作者さまからご返信をいただきました。
非常に有益な情報をいただくことができましたので、ここでご報告させていただきたいと思います。

この作者様は、昨年秋頃、つまりはソフトニックがソフトウェア収録活動を始めた、あるいは始めていたであろう時期に、ネット上での活動を休止していたため、一切のメールのチェックができない状況にあったそうです。
そんな中、この作者様にソフトニックから以下のようなメールが届きました。

  • 2010/10/19  無料ダウンロードホスティングサービスの案内に関するメール
  • 2010/10/29  ソフトウェア掲載の連絡に関するメール

この29日のメールに関しては、「掲載の可否を訪ねる」メールではなく、「掲載しますよ」という、掲載予定の連絡だったとのこと。
このメールが配信された当時、この作者様は先述の通りネット上での活動を休止していたため、返信を出していませんでした。
しかし、あくまで掲載予定の連絡だったため、ソフトニックに収録されたのです。

さらに、このメールには、ソフトニックツールバーを添付するということは記述されておらず、この作者様はそれを知らずに掲載されてしまったと言うことになります。
しかし、ソフトニックツールバーの添付を取りやめることができるということで、ソフトニックでの掲載は今後も継続していくとおっしゃっています。

また、今年4月には、「一部のソフトウェア開発者から承諾を得ていない、という問題が判明したため」として、改めて掲載の許諾を求めるメールが来たと言うことです。
そのメールには、以下の事項が記載されていました。

* ソフトニックダウンローダーで他のソフトウェア(ツールバーなど)を
ユーザーに勧めることがある
* 他のソフトウェアをインストールするかどうかはユーザーが選択できる
* 開発者サイトからのダウンロードに失敗した場合は、
ソフトニックサーバーにあるバックアップファイルからダウンロードする
* ソフトニックのソフトウェア取り扱いに関する見解
* ソフトウェアの改変やバンドルは行っていない
* ソフトニックは著作権および著作者人格権を侵害していない

このメールに対し作者様は、
「ソフトニックダウンローダーの挙動がユーザーの混乱を招く恐れがあるため、ソフトニックダウンローダーを介さない配布方法をしてほしい」
と希望したところ、早期に対応をしてもらったということです。
その点についての対応が早いとは以前から言われておりましたが、その通りだったようです。

また、「ソフトニックセキュリティシール」についても詳しく教えていただくことができました。
「ソフトニックセキュリティシール」とは、ソフトニック社が、配布しているソフトを検査し、安全であると証明されたソフトウェアの紹介ページに掲載されるシール様のマークのことで、これは、ソフトニックダウンローダを介して(=ソフトニックツールバー添付)ダウンロードされるソフトウェアにのみ掲載されるとのこと。
この作者様のソフトは、ソフトニックダウンローダを介さない方式になっているため、セキュリティシールが表示されない状態ですが、作者様自身は納得されているとのことです。

最後に、この作者様は、「メールの文面も丁寧で対応も素早いということで、今回の問題を改善しようと取り組んでいる姿勢は見受けられる」とおっしゃっています。

ソフトニック自体は、個々詳細なレビューをつけたり、ホスティングを提供したりと、サービス的には良い路線をいっていると思いますので、もう少し改善してくれれば、良質なサイトになっていくのではないかと、私自身も感じています。

各種レポート

先日、Norton Internet Security 2012およびNorton Anti Virus 2012のベータ版が公開されました。
もうそんな季節になったのかと感慨深いですが、今回、このNorton Internet Security 2012のほうのベータ版を、Windows XP環境にインストールしてみましたので、レポートしたいと思います。