お知らせ

この不具合は、2017年4月9日にリリースした、窓フォト Ver 8.7.3 で修正されています。
https://blog.otsoftware.net/article/20170409115921

以前の記事でもこの現象についてお知らせしましたが、別の解決方法を把握いたしましたので改めてお知らせいたします。
窓フォトでキャプチャ範囲がずれてしまう場合は、以下の手順を行なってください。

1.窓フォトの実行ファイル「madophoto.exe」を右クリックする
2.右クリックメニューの下部「プロパティ」をクリックする
3.プロパティウィンドウの「互換性」タブをクリックする
4.「高DPI設定では画面のスケーリングを無効にする」にチェックを入れる
5.「OK」ボタンを押して終了する

こちらで確認したところ、この設定を行うことで、キャプチャ範囲がずれる問題は発生しなくなりました。
お手数をおかけして申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

お知らせ, 開発情報

10月25日に、窓フォトの新しいバージョン 8.5.4 をリリースしました。
このバージョンでは、Windows 8以降のOSでより快適に動作するための改良を加えたほか、キャプチャ画像の保存画面で、保存先フォルダとファイル名を一括で指定できる機能を追加しました。

新しいバージョンの窓フォトは以下のページからダウンロードできます。
より快適になった窓フォトをぜひご利用ください。
https://www.otsoftware.net/download.html

お知らせ, 開発情報

窓フォトについて、Windows 8以上のOSでご利用いただいた際、ごくまれにキャプチャ範囲がずれてしまうという不具合が発生することを確認しました。この不具合は、Windows 7互換モードでご利用いただくと解決できます。
以下の手順参考に、設定いただきますようお願い致します。

1.窓フォトの実行ファイル「madophoto.exe」を右クリックする
2.右クリックメニューの下部「プロパティ」をクリックする
3.プロパティウィンドウの「互換性」タブをクリックする
4.「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れる
5.リストから「Windows 7」を選択する
6.「OK」ボタンを押して終了する

この不具合については、窓フォトのプログラムのビルドを古い環境でおこなっていることが原因であると考えており、近日中にも新しい環境でビルドしなおしたものをリリースする予定です。
お手数をおかけして申し訳ございません。