ワンタッチソフトのドメインの変遷

先日ワンタッチソフトのドメイン(otsoftware.net)移管したというどうでもいい記事を書きましたが、今回もドメインに関してちょっと記事を書きたいと思います。

ワンタッチソフトの「otsoftware.net」というドメインですが、これは2008年の3月に取得しました。

「あれ?ワンタッチソフトは今年で11周年だよな?2008年までの2年間はどうしてたんだ?」と思われたそこのあなた。非常に鋭いです。

実はワンタッチソフトは、立ち上げた2006年から、今のドメインに定着する2008年までの2年間に、4つのアドレスが存在していました。

■「geocities.jp/onetouchsoft/」
これは初代で、一番最初に立ち上げたときのものです。当初はYahoo!のジオシティーズというところでやっていましたので、1つ目は独自ドメインではなくジオシティーズのアドレスになります。

■「onetouchsoft.com」
これは2代目です。ジオシティーズで月額課金でドメインが取れるということだったので取得しました。しかし、当時中学生だった私は、月額料金が払えずに失効させてしまいました。

■「onetouchsoft.jp」
これは3代目です。2代目の.comドメインが失効し、再取得もできなかったので、.jpドメインを取得しました。しかし、案の定これも失効させてしまいます。

■「fileinfo.jp」
これは4代目です。3代目の.jpドメインが失効し、再取得もできなかったので(デジャヴ)、新たなドメインを取得しました。ちなみに「fileinfo」というのは、当時のワンタッチソフトの主力ソフトウェア「ワンタッチファイルインフォメーション」にちなんだものです。

~そして現在~

■「otsoftware.net」
いま使っていて、今後も使っていくドメインです。「onetouchsoftware」で「otsoftware」です。なぜそうしたのかは今となっては記憶にありません。しかしもうかれこれ10年近く使っているドメインなので今更変えるわけにもいきませんし、気に入っているので変えるつもりもありません。ちなみに読み方は「オーティーソフトウェアドットネット」です。「ワンタッチソフトウェアドットネット」ではないのでご注意を。ちなみに「ワンタッチソフト」は「ワンタッチソフト」であって、「ワンタッチソフトウェア」ではありません。

このドメインを万が一失効させたときのショックは計り知れないでしょうね。なので今は2021年まで延長しています。失効させたらワンタッチソフトはもう閉鎖です。

以上、どうでもいい報告でした。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*