慶応SFC喫煙所問題と、嫌煙問題について

雑記

まずは以下のTogetterまとめをご覧ください。
慶應SFCに新設の喫煙所が綺麗。しかし、担当教員の言動が物議に

これのコメントについて、

喫煙関連の話題は知能の低下が双方著しい。 喫煙側の無理な正当化ももちろん、非喫煙側の害があるんだから絶滅させろって論調も同程度にアレ。 表現規制と同じで、嗜好する物に「正しくないから一切禁止な」ってするとそのうち自分に跳ね返ってくるのに。

Aさん

というコメントがあり、私はこのコメントに対し、以下のようにコメントしました。

仮に非喫煙者が、喫煙者を絶滅させろって言ったとして、それは間違いなの?核廃絶、化学兵器廃絶、排ガス規制、バイオセーフティーレベルの概念。これらとは違うの?

するとAさんは、

核兵器を吸う人がいたら絶滅してもいいんじゃないかね。なんかの拍子にこっちも絶滅しそうだし。タバコもなくなったら嫌な臭いもしないし人類健康になるでしょう。飲酒も個人的には禁止したい。酔っ払いは臭いし健康にも悪い。香水の匂いや柔軟剤、バーベキューの煙とか殺意が湧くしなんか健康リスクあるでしょ。禁止。正当。

Aさん

と、喫煙者によくありがちが、バーベキュー等を例に出して来ました。

その後も

それ全部スメハラとかで問題になってることばかりじゃん。廃絶に合理性があるかも考えたら?バーベキューなんか住宅地や日中の公共施設で嗅がないし、もしそんなところでやってたら、やめろ!って怒鳴る対象だろ

核兵器とタバコをごっちゃに扱ってたので、じゃあバーベキューとタバコもごっちゃにしていいよねっていう揶揄だよ。表現規制の問題と重ねたのはこの部分で、程度問題考えず安易に絶滅させると、「タバコが絶滅したなら〇〇も」があり得るという話をしている。規制でどうにかなるものは規制で止めるべき、が個人的な意見。

Aさん

核とタバコをごっちゃにしたら、なんでバーベキューとタバコもごっちゃにするの?核もタバコも避けようがなく、人々を不幸にするから問題なんでしょ?副流煙の有害性とか考えた上で発言してるの?

害や隔離の難しさの程度を無視してごっちゃにしちゃう人にはちょっと話が通じそうにないので終了します

Aさん

いやいやいやいや、違うでしょと。

私が核兵器といったのはあくまで例であって、なんでいつのまにか核兵器の害が基準になっているのですかと。あなたの理論だったら、核兵器未満の害のものは、廃絶できなくなりますよ、と。害や隔離の難しさは違えど、「隔離すべき」という同じカテゴリに属しているのは紛れもない事実だと思います。

そして、揶揄としてバーベキューや飲酒や香水をごっちゃにしていいよねってのも意味がわかりません。バーベキューや香水で病気になりますか?飲酒は教室で酔っ払いが暴れてたらつまみ出しますよね?

ならタバコ臭い人もつまみ出してくださいよ。そういう根底が違うのに、核とタバコをごっちゃにしたから、じゃあバーベキューも、飲酒も、、、というのは意味がわかりません。

あと、「正しくないから隔離すべき」とおっしゃっていますが、「正しくない」という一言では言えないのがタバコですよ。実害があるんですよ、実害が。

害の程度はもちろんタバコの比にならないくらい核兵器が上です。

ただ、核兵器との実害の比較、程度ではなく、タバコ単独として見てください。

受動喫煙による各種の病気の問題、匂いの問題、そしてそれが核兵器の比でないほど身近にあるという事実。

そういう意味で、廃絶すべきという考え方は核兵器と同じだと思いますよ、という意味で、核兵器を例に出したのです。

そもそもタバコを「嗜好するもの」と考えている時点で考え方が古いんですよ。そりゃ昔は公共施設でも、交通機関でも吸えましたからね。でも今は違います。あなたたちがタバコを当たり前のように吸えた、古いあの時代とは違うのです。

今の若い人たちは、タバコは嗜好品なんて思ってないですよ。それこそ昔の排ガス規制前のディーゼルのススとか排ガスが動き回っているのと同じです。

例えば、ディーゼルエンジンは規制されました。でも廃絶されていません。私も廃絶の必要はないと思っています。なぜなら、ガソリンエンジンよりもトルクのあるディーゼルエンジンが必要不可欠なシーンが多々あり、またそれによる社会的なメリットが非常に大きいからです。そしてなにより、ディーゼルエンジンは日進月歩で改善を続けています。

ガソリンエンジン、要は車を例に出す人に対しても同じことが言えますね。車は社会インフラとして重要であり、改善も日々進んでいます。また、仮にその排ガスで不快な思いをしたり病気になったりしても、受け入れざるを得ない社会だからです。そりゃもちろん、あるよりはないほうがいいでしょうが、車をなくせというのは暴論で幼稚な考えです。

要は、エンジン云々のみならず、必要悪というのはあるのです。

一方でタバコはどうでしょうか。

社会に必要ですか?あなたが日中にタバコを吸って、そこの席に座って隣の人を苦しめる必要性がありますか?その人にメリットはありますか?

すべてNoですよね。

そしてこれを嗜好品と言えますか?必要悪と言えますか?

私が言いたいのはそういうことです。規制されたディーゼルエンジンのスス、核兵器と、副流煙、服に染み付いた不快なタバコの成分、匂いの違いはなんですか?

タバコがだめなら他のものはどうなのか、じゃないんです。タバコは有害なんです。

ここで話を戻すと、じゃあどうしても吸いたいのであれば、完全脱臭できるような設備を完備しろと。そして喫煙者が非喫煙者を苦しめる状況を作るなと。

タバコはちょっと臭いよねーで済むようなものじゃないんです。

煙さえ避ければいいという話でもないんです。

いまだにコーヒーやお酒などの嗜好品と同じと思っているひとは考えが古いんです。

わかってください。

副流煙と匂いは有害という事実があるにもかかわらず、喫煙行為をなんとしても正当化しようとしている人の理由がわからない

将来を担う若者を育てる教育機関なのだから、喫煙にはもっと慎重になってほしい。タバコを吸ってる本人はもちろん、全く関係ない周囲の人生までズタズタにする恐れがあるのがタバコ。愛煙とか嫌煙とかで争うのではなく、「タバコの煙、匂いは有害」という事実を踏まえた上で、それをいかに喫煙所外に持ち出さない方法があるかを真剣に議論して考え、できないのなら喫煙所の設置を見合わせるなどの慎重な対策をとってほしい。切に望みます。


関連記事