お知らせ, 開発情報

いつもワンタッチソフトをご利用いただきありがとうございます。

この度、以下の通りワンタッチソフトサーバサービスの仕様を変更いたしましたのでお知らせいたします。

・画像アクセスURLの変更
・アップロードファイル名の変更

【画像アクセスURLの変更】
ワンタッチソフトサーバサービスでは、画像へのアクセスを制御するため、画像表示用プログラムを介して画像を表示させています。
その際、今までは「~.net/fileView.php?file=(ファイル名)」というようにアクセスを行うようにしていましたが、この度「~.net/view/image/(ファイル名)」という形式に変更しました。
これにより、今までより短いURLでのアクセスが可能になります。なお、画像アクセス制御は今まで通りの仕様となりますのでご安心ください。

 

【アップロードファイル名の変更】
ワンタッチソフトサーバサービスに画像ファイルをアップロードした際、アップロードファイル名は、「(ランダム文字列) + (指定したファイル名) + (拡張子)」となっていました。
(例:yhfidaye89yreIMAGEFILE.JPG)

画像アクセスURLではこの「アップロードファイル名」を使用しているため、非常に長いファイル名となってしまっていました。
今回、アップロードファイル名への「指定したファイル名」への結合をやめ、「(ランダム文字列) + (拡張子)」に変更しました。
(例:yhfidaye89yre.JPG)

なお、アップロードした画像を管理する上では、今まで通り「指定したファイル名」を使うことになりますのでご安心ください。

今後も引き続き改良を続けてまいりますので、よろしくお願いいたします。

お知らせ, 開発情報

11月13日、ワンタッチソフトサーバサービスの正式運用を再開しましたのでお知らせいたします。

ワンタッチソフトサーバサービスは、連携ソフトウェアからファイルをアップロードし、管理できる無料のクラウドサービスでず。
11月13日現在、連携ソフトウェアに「窓フォト」があり、窓フォトでは、キャプチャした画像を2クリックほどでワンタッチソフトサーバサービスにアップロードして共有することができます。

連携ソフトウェアは、ワンタッチソフト製を増やしていくことはもちろん、ワンタッチソフト以外の開発者の方も、ソフトウェア等にワンタッチソフトサーバサービス連携機能を組み込めるよう、APIを公開しており、様々なシーンでワンタッチソフトサーバサービス連携が利用できるようになることを期待しています。

ワンタッチソフトサーバサービスは今後も積極的に機能追加、改良を進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

ワンタッチソフトサーバサービス
https://server.otsoftware.net/

お知らせ, 開発情報

11月13日、ワンタッチソフトのクラウドサービス「ワンタッチソフトサーバサービス」に対応した窓フォトの新しいバージョン Ver 8.7.0 をリリースしましたのでお知らせします。
このバージョンでは、ワンタッチソフトサーバサービスへの対応のほか、一部の不具合修正、ソフトウェアのアイコン変更(高解像度化)をおこなっています。

ワンタッチソフトサーバサービスは、窓フォトなどのソフトウェアと連携してファイルをアップロードできる、ワンタッチソフトが運営する無料のクラウドサービスです。
今回の窓フォトは、このサービスの対応第一弾となります。
ワンタッチソフトでは、窓フォト以外にも今後積極的にワンタッチソフトサーバサービス対応を進めていく予定で、現在「あり方」を模索しています。

より便利になった窓フォトをぜひご利用ください
https://www.otsoftware.net/software/madophoto.html

ワンタッチソフトサーバサービス
https://server.otsoftware.net/

お知らせ, 開発情報

現在運用を休止しているワンタッチソフトサーバサービスについて、ワンタッチソフトでは現在1からシステムの作成を行っており、早ければ11月中にもサービスを再開する予定ですので、お知らせいたします。
以前のワンタッチソフトサーバサービス(以下、当サービス)は、連携ソフトウェアのユーザ減少およびシステム的問題により運営を休止しましたが、現在は窓フォトとの連携需要が高まっている(のではないか?)という憶測から、システムを1から作り直し、より強力なサービスとして再開させる予定です。

当サービスの基本的な機能としては、連携ソフトウェアからのファイルアップロードです。
まずは窓フォトとの連携により、キャプチャした画像を素早くアップロードしてあらゆる場所、デバイスから参照できるような機能を提供します。
また今回はサードパーティ開放も予定しており、ユーザごとにユニークなアクセスキー、アクセストークンを発行することで、ユーザが、窓フォト以外の対応サービスとも手軽に連携できるようにします。

また、ファイル参照用URLの期限設定、アクセス回数設定等により、一定条件を満たすと無効化する機能、一般公開機能(デフォルトでは非公開設定)等も搭載する予定です。

もちろん利用等は無料です。

現在開発中ですので、続報をお待ち下さい!