各種レポート

先日、激安ノートパソコンを手に入れたとご報告しましたが、手に入れてから約2ヶ月が経過しましたので、その後を報告したいと思います。
結論から言うと、特に問題はありません。画面もちゃんと映りますし、音もちゃんと出ますし、起動も終了も問題なし、メモリ等のハードウェアの認識や動作も何ら異常はありません。

気になる点と言えば、これはハードというのかどうか分かりませんが、筐体の裏側にある、ディスプレイ開閉のヒンジを支えるネジがかなり緩んでいた、ということです。
この機種の情報をネットで調べますと、ヒンジが飛び出した、ヒンジが割れた、ヒンジが緩くなったなど、とにかくヒンジの故障報告をよく見かけます。
これはおそらく、そのヒンジを支えるネジが緩んでヒンジの固定がグラグラしているところに、開閉による負荷がかかり破損するのだと思われます(というより既にそう報告されていますが・・・)。

事実、私のもかなり緩んでいました。
かなりと言うより、もう引っ張れば抜けるのではないかと言うくらい緩んでいました。それも左右両方です。
ですから、この機種をお使いの方は、最低でも月に一回程度は裏のネジを締め直すことをオススメします。
ちなみに、ヒンジに関連する場所以外のネジもいくつか緩んでいました。
これは設計上の問題なのか、一般的なネジの初期緩みなのかは分かりませんが、確認して損はないでしょう。

ということで、現在は順調に動作しています。

各種レポート

先日、開発用のノートパソコンとして激安のLenovo G570 4334D7Jを購入したとご報告しましたが、あのあといろいろと設定等をおこない、安定して利用できるようになったため、今回は写真付きで掲載したいと思います。

とりあえず、今のところは非常に安定していますし、問題点があるとすれば、キーボードの下の方の接着テープがはみ出して白くなっていたのでマジックで塗ったと言うことくらいです。
「安いから仕方がないね」と思える点は、この接着テープとディスプレイの質くらいのもので、他の部分は一般的な価格帯のノートパソコンと何ら変わりはありません。
まぁ今後どうなっていくかについては、随時このブログで報告していきたいと思います。

各種レポート, 雑記

先日、メインPCとは別に、主に開発や実験用としてしようする激安ノートパソコンを入手しました。
そこで、軽くレビューみたいなことをしたいと思います。

【製品】
今回購入したのは、LenovoのG570 4334D7J というものです。
スペックは以下のとおりです。

OS Windows 7 Home Premium with Service Pack 1 (SP1) 64ビット 正規版
CPU Intel Core i3-2350M
標準メモリー 2.0GB
最大メモリー 8.0GB
メモリースロット 2(空1)
HDD容量 500GB
搭載ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
グラフィック Intel HD Graphics 3000(CPU内蔵)
モニター種類 LEDバックライト付 HD液晶(1366×768ドット、1677万色)、光沢あり
モニターサイズ 15.6型ワイド
インターフェイス 電源ジャック、モニター(VGA)、HDMIポート、マイクロフォン・ジャック、ヘッドフォン・ジャック、USB2.0(4)、RJ-45(LAN)、ワイヤレスLAN ON/OFFスイッチ
無線LAN IEEE 802.11b/g/n
バッテリ駆動時間 約5.5時間
その他仕様 マイクロフォン/ステレオ・スピーカー、内蔵カメラ(30万画素)
メモリカードスロット 5 in 1 メディア・カード・リーダー(SDメモリーカード、マルチメディア・カード、メモリースティック、メモリースティックPro、xDメモリーカード)

これで3万円でお釣りが来るというなんともお安い製品なのですが、案の定欠点もあります。

一番に目につくのが、ディスプレイの品質です。
これは解像度云々などという次元ではなく、見た目そのまんまで、なんか格子状の何かがうっすらと見えたり見えなかったりします。
これが何なのかはわかりませんが、ディスプレイの品質が中国クオリティ 一直線なのは間違いないようです。
しかし、普通に使う分にはほとんど気になることはなく、グラフィック系の作業をするというわけではなければ特に気にするレベルではないと思います。

ほかには、自分は、前のノートパソコンで使っていた2GBのメモリーを増設しているのですが、その増設するときに外さなければならない裏蓋が非常に硬いです。
硬いというのは、蓋自体が、ネジとは別に爪のようなもので固定されており、無理に外すと100%折れてしまうという感じで、外すのにちょっとコツが要ります。
YouTubeにあった動画が非常に参考になりました・・・。

そのほかについてですが、ネット上でかなり見かけたファンのうるささについては、個人的にはそんなにうるさくは感じません。
動いているのかと疑いたくなるレベルですが、CPU温度はいつも40度台でキープされていますし、ファンのあたりに手を当てると風が出ているので正常に動いているようではあります。

あと同じく気になっていたヒンジの強度ですが、硬すぎずやわすぎず調度良い感じです。
これから使い込んでいくうちにどうなってくるかは未知数ですが、最悪の場合は開きっぱなしで据え置いて使おうと思っているので個人的には問題ありません。

最初はバリバリの中国製ということで心配な点もありましたが、実際に使ってみると以外に作りがしっかりしており、思っていたほど壊れやすそうな感じはしません。

今後は、JavaやLinuxの勉強、実験用、ウェブアプリケーションの開発環境などとして活用していきたいと思います。